メュ!

メュ。

Pガルパシ劇場版

f:id:mexyupimankosuki:20210516012719j:image

 

たぶん5時間くらい打って17000発くらい出た。

前作が微妙だったし、そもそも昨今の平和(オリンピア)が糞台界のリーディングカンパニーなので全然期待してなかったが意外と良かった。

 

 

★☆★Pガルパシ劇場版の良いところ★☆★

・尻上がりカスタムが非常に快適。保留変化待ちにならず、堅い展開で堅く当たりやすい。演出が派手になりすぎて崩壊したP機群の中では比較的ストレスフリーで打てる部類だと思う。

・確定レインボーとか一発告知のケツ浮き当たりの比重が大きめ。

・アタッカー手前でこぼしが絶対出ない右の形状。

・描きおろしの演出アニメーションが豊富でどれもかわいい。ガルパシクエスト、ガルパシチャンス、戦車道(確変)中の予告演出など高校毎に個別のものが用意されているうえ毎回セリフの組み合わせが変わったりする細かさで、平和のくせによく頑張ったなって思う。

・新曲Resonanceがとても良い。

・西住姉妹が仲良く髪の乾かし合いっこしてる演出でマザーテレサみたいな慈愛の笑顔になる。

・安斎千代美がよだれ垂らしながら起きれないガルパシクエストの演出で芦名勇舗みたいな無敵の笑顔になる。

 

☆★☆Pガルパシ劇場版の悪いところ☆★☆

・遊タイム500回転で割を食ってるせいか最大10Rで900発しか出せない。やばすぎる。

・玉を引っ掛けて減速できる盤面の形状をしてないので捻りは厳しい。

・戦車道演出のテンポが悪く、出玉の少なさも相まってかなりダラダラする。15連して4Rが2回しかなく振り分けにかなり恵まれても冒頭の写真の通り。労力に出玉が見合ってない。シンフォギアなら3万発出てる。

・何故ルパンマモーのシアター筐体をガルパシに採用しなかったのか、ガルパシこそあのバカみたいな筐体を唯一有効活用できる貴重なIPだったのではないだろうか。

 

 

★☆★総評★☆★

とにかく遅いのがネックだが演出がよくできていて快適なので定期的に打ちたい。平和の台の中ではかなり好きかも。

ディスオーダーズ・コンビニエンス

家の周りにマジで何もない虚無地帯に住んでいるが、歩いて3分くらいのとこに辛うじてローソンだけはある。19時頃から弁当類に値引きシールを貼るという特異な店舗で仕事上がりの夕飯にはあまり困らない反面、所属している店員もまた特異である。もちろん、悪い意味で。

 

平日の19時過ぎには頭モジャモジャの小さいデブが高確率でいるのだが、コイツがもう本当に常軌を逸していて、弁当温めるか絶対聞いてこないとか、弁当に箸を能動的につけられたこと一度もないとか(毎回俺から箸入れろって怒鳴りつける)、レシートは絶対投げて渡してくるとか、タバコを2箱以上頼むと絶対1箱しか持ってこないとか、人を不快にさせる悪行は枚挙に暇がないので、まあ多分知恵遅れなんだと思う。

 

以前601円くらいの会計のときに先に千円札を出してから1円を出そうと思ったら1円を出す前に瞬速で会計を確定させて399円の小銭を渡してこようとしてきたので

 

「1円出すから400円返して。」

 

つったら

 

「601円と399円です。どうぞ(クッソ嫌そうな顔)」

 

とかいって更に大量の小銭を俺にプレゼントしてくれようとしやがったので、物凄い剣幕でブチギレて無理矢理100円玉4枚をぶんどってきたことがある。

今まで遭遇したコンビニ店員の中でもブッチギリの最糞で、こんなのと毎日のように会ってイライラするのは弁当半額のメリットを消し去って余りあるデメリットである。

 

 

しかしここ1ヶ月ほど姿を見てなかったのでやっとクビになったか〜!!と安堵していたが、今日行ったらそんなことはなく当たり前のようにレジに鎮座していて絶望した。

当然弁当を温めるか聞いてこないし箸入れないしタバコの個数間違えるしレシートぶん投げるから、敢えて聞こえる声で

 

「お前マジでクソだな。」

 

と発声して家に帰ったのだが、どうも払った金額が安すぎる気がした。で、確認したらタバコ2箱買ったのに1箱分しか計上していないことが分かった。

最初はあのクソ店員ざまあwwwwwwwという気持ちでいたが、会計ちょろまかして喜んでいるのは窃盗犯と同じカスの思考レベルだと思ったので、すぐローソンに戻って不足分を自己申告することにした。

 

戻るともう糞は家に帰っており(一生出勤すんな)、別の女の店員に事情を説明することになった。

 

 

 

「さっき男の店員がタバコ1箱分計上しなかったんで払いに来たんですが」

 

「ウツ、アツ、ダア、デエ、デエ、デエ、アツ、オ、ア、ア、ア、」

 

「うわ…あの、パーラメント1箱分が会計ミスで未払いだったので戻ってきたんですが、支払い処理してもらえますか?」

 

「イ、イ、アアデエエ、オ、オ、オ、デエ、デエ、

(ピクピクピクピクッッッ!!!!!)」

 

「あの…店長さんいますか?」

 

「(ピクピクピクピクッッッ!!!!!ピクピクピクピクッッッッッッ!!!!!!!!)」

 

「ああああああ!!!!!!て、店長さ〜〜〜ん!!!!!!!!」

 

 

 

ヨボヨボのジジイの店長に未払い金を払うと、何故かタバコを渡そうとしてきた。

「いやさっきの未払い分なのでいらないです…」と断って店を出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうこのローソンさ、大根畑にしよう。

プロセカ半年やった感想

途中入院してて2ヶ月くらいやってなかったけど、ゲーセン離れしてから唯一俺と音ゲーを紐付けしてるのがプロセカという事実もあるのでリリース半年時点での忌憚のない感想を述べたい。一応皆伝Lv5(紫70譜面FC)と真皆伝Lv1(紫30譜面AP)までは取れてる人の声です。

 

 

 

☆★☆

 

 

 

プロセカを触った動機はぬるま湯譜面に浸かってるガルパプレイヤーに対する挑戦状のような運営の意図を感じ取って躍起になったからだが、ガルパに興味がなくなった今では全く別のゲームとして切り離して遊べている。

そもそものゲームデザインが置きプレイ前提になっていて、ガルパとは難易度の上げ方の舵切りが全然違う。階段配置は当たり前だし、低難度でも多指を想定した配置が散見される。

 

セガがチュウニズムで培ったゲーム性を携帯端末向けに簡易化して丸め込んだという感じで、実際やってて「ぬるい」と感じることはない。発狂リステップには敵わないが、キャラゲーかつ音ゲーとしては最も手応えを味わえる部類になる。

 

 

プロセカの個性的な点として、フリックノーツにベクトル指定が付いている。違反するとかなり大きめの判定ペナルティを食らう。ベクトルの引っ掛け配置もあり(振り抜きから突然切り返しになるとか)、精度を取るためにはフリックのベクトルありきで運指を組むことが求められる。

いずれにせよ下ベクトルは必ずペナルティを食らうため、プレースタイルによっては好き嫌いが完全に二分する仕様と思われる。個人的にはフリック連をビートマニアの皿みたいに押し引きで取るのが好きだったりするので、取り方の自由度が低いのはちょっと残念。でもそういうゲーム性だと納得はできる。

 

 

もうひとつの大きい個性はデカノーツとチビノーツを混在させることで認識難を作っていること。フリックとは対照的に取り方の自由度は高く、ほ〜面白いなという感じなのだが…

 

譜面が増えていくにつれてだんだん扱い方が悪質になってきて「チビノーツを接着してデカノーツのように見せることでミスを誘う配置」が最近激増している。これは納得できない。

プロセカは今のところノーツスキンがなく、ノーツの枠がモヤモヤと光っていることもありノーツが密着すると境目が本当に見えない。それを利用してデカノーツと織り交ぜることで無理矢理コンボを切りに来るので、死にながらいちいち覚えなくてはならない。例をいくつか載せておく。

 

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20210430232737p:plain

from Y to Y (MASTER) Lv.26

曲の終わりの一番最後だけがちぎれてる。MASTERで一番低いLv.26でさえこの性格の悪さ。

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20210430232818p:plain

ブレス・ユア・ブレス (MASTER) Lv.28

黄色に光ってるノーツは静止画でも切れ目がよく見えない。

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20210430232916p:plain

アイディスマイル (MASTER) Lv.28

高速で降ってきたらマジで見分けつかない。全部同時押しでモナって解決する。

 

 

これを「研究のし甲斐がある」とポジティブに捉えることができればいいのだが、認識難は脳がバグるから難しいのであって網膜の解像度を直に問うてくるガチの認識難はゲームとして違うだろと激しく不満である。眼科の精密検査と同じ気分になる。

プロセカで味わうストレスの3割程度がこれに該当する。ノーツスキンの実装か譜面製作者の意識改革が待たれる。

 

 

 

で、いちばんやる気を削がれる7割のストレスを説明する。

プロセカ知らないけど音ゲーはそこそこ好きな人たちに下の譜面動画を見ていただきたいのだが、どういう感想を抱くだろうか。特に何も感じなかった人にはこのゲーム非常にオススメします。

 

 

 

youtu.be

 

 

youtu.be

 

 

 

 

譜面のリズムおかしくないですか?明らかに曲を構成していない謎のリズムを感じませんでしたか?

 

 

個人的には上のローリンガールが最低最悪の譜面だと思っているが、このゲームは難易度を上げるためにノーツの水増しで創作リズムを多用するのである。終始ひどいのは少ないが、要所要所でブッ込んでくる譜面はMASTERでは数え切れない。

俺はこれが本当の本当の本当に性に合わなくて、音ゲーなのに曲に全く存在しないリズムを押し付けられるのが不快指数高すぎて本当にやる気を失くしてしまう。テストプレーできるまともなスタッフがいたらすぐに気付いて指摘すると思うので、いないんだろう。これがOKだったら後ろで流れてる曲何でもよくなるし、図書室のエルザかゲンガオゾをその都度BPM変えて流しとけばいいことになる。

 

キー音がないゲームこそ音取りはしっかりやってほしい。せっかく物量以外でも難易度を上げられるゲームデザインなのに、工夫せずに創作リズムでノーツ水増しはいただけない。それで難しくできない曲なら難しくしなければいいし、スタッフには本当にそこを理解してほしい。やっててあまりにもつまらない。

これさえなかったらガルパと同じように精度詰めて全虹目指そうというモチベになってたと思うのだが…プロセカというゲームを本気で頑張りたくなれない理由のほぼ全てがここに詰まっている。

 

 

 

☆★☆

 

 

 

ここまで散々ボロクソに言ってきたが、半年間惰性でも続けてるくらいには遊んでるし、最終到達点もガルパより遥かに高いのでやり込み甲斐はある。

リリース当初はフリックのベクトルが入るタイミングで判定するとか(フリックノーツだけ意識的に早入りしないとパフェが出なかった)仕様面もおかしかったが、サイレントで修整したりして少しずつゲーム根幹の改善はなされてきている。

 

譜面が嫌だと言ったけど、ちゃんと良譜面も存在する。ミルククラウン・オン・ソーネチカのMASTERはプロセカの個性を存分に活かした見た目良し配置良し打鍵感良しの出来の良い譜面で非常におすすめ。全部このクオリティだったら超やるのに。

 

 

youtu.be

 

 

あと描き下ろし曲に(いまのところ)ハズレがないのもデカい。

最初のイベ曲のステラとか、カゲプロのボカロPという色眼鏡で全然期待せずに聴いたら良くてひっくり返ったし、ナユタン星人も良いし疾風迅雷†LEGGENDARIAさんも良い。ニコ動全盛のボカロ黎明期しか知らないからボカロPはアマチュアの印象が強かったけど、時代は変わってみんな音楽のプロなんだなあと見方が変わった。

作風がみんな違うから良いんだろうね。バンドリはエレガ縛りやってるからそろそろ引き出し尽きてきたのか最近同じような曲ばっかりで魅力薄れてきたし(RASの劣化ひどくない?)

Treow氏とかくちばしPとかAVTechNO!氏とかの推し作家が曲描き下ろしてくれたら超絶糞譜面でも全然やるわよ。てかくちばしP音楽活動再開してくれ頼む。

 

 

 

キャラクターも良い。ワンダーランズ×ショウタイムは男キャラ含めて全員好き。寧々ちゃんとエッチしたいし司くんのチンポは多分しゃぶれる(は?)

しかしメイン顧客層の中高生を意識してか、性的な要素を極限まで削り落としているのであまりシコれなくて残念。キャラの露出はいずれも非常に少なく、腋、足の裏、汗、うなじ等フェチシズムをこれでもかと押し出した不健全イラストまみれのガルパとは大違いである。

(ガルパもメイン顧客層中高生のはずだが…?)

 

さらに設定もぬかりない。望月穂波というキャラが「家事代行のバイト」をしていると言及する会話があるのだが、じゃあいろんな家に行くの?という質問の直後に「お得意様の1家庭だけ」という事情を説明する。

 

心が汚れたスケベおじさんが

 

 

 

「騙されて訪問したお宅がAV撮影会場で、大人数の男に囲まれてなすすべもなくエッチなことされちゃうねぇ…」

 

 

と妄想してエロ同人を描くのを即座にブロッキングしているのである。この徹底ぶりには唸った。

 

 

話が逸れたが、既に中高生とかの支持は獲得していてセルランもかなり好調らしいので、ユーザーを呆れさせないように今後も運営頑張ってほしい。俺がゲーム内通信不可(1ヶ月弱固定回線でログインすらできなかった)の不具合報告したときは超絶塩対応でぶん殴ってやろうかと思ったが、アンケートやプロデューサーレターなどからはユーザーに寄り添おうとする気概を感じられるのでこれからに期待したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寧々ちゃんとエッチしたい。

(まだ言う?)

 

メュぼやきミニ

「メュぼやきミニ」は、10分程度で執筆できるごく軽い話を投稿するという「メュぼやき」の本来の役割が年々エスカレートする仕事の愚痴の長文化によって一切果たされなくなったため、当初のメュぼやきの本分を担うべく新設されたインフレーションの産物です。

 

☆★☆

 

週末に東京住まいの兄貴と新潟へADHDドライブ旅行(原発見てパチンコしてそのまま茨城に帰った、-27k笑)してから、兄貴を常磐線の某駅に車で送り届けて自宅に戻ってきたところで兄貴の財布が車内で忘れ去られていることに気が付いた。

茨城某駅から約30分の都内某駅まで行って俺に指摘されるまで財布を忘れていることに気付かない兄貴にもADHDの血筋を仄かに感じるが、財布だけはどうしようもないので即座にUターン乗車させて送り届けた駅まで戻ってきてもらった。

 

当然兄貴はルール上、茨城某駅↔都内某駅間の往復運賃を支払うことになる。ただ、俺が過去似たようなことをした際には駅員に事情を説明したらUターン分を無賃処理してもらえた経験もある。そこで

 

 

「僕昔同じことして駅員さんに無賃処理していただいたんですけどダメッスかね?W」

 

 

とダメ元でゴネてみてあげたところ、めちゃめちゃ毅然とした態度で貴様ブッ殺すぞくらいの勢いでガン詰められて糞を漏らしそうになったので、即退いて兄貴には正当に往復運賃を払わせて帰らせた。

 

 

俺の経験というのは

 

「新幹線を間違えて上野↔ガーラ湯沢間のトンボ帰りをしたうえで、特急料金も含めて完全無賃にしてもらった」

 

ことなのだが、当時の上野の駅員は小豆みたいなクソガキの俺に対してマリアナ海溝よりも深い憐れみと慈悲を与えてくださっていたんだなあと今更知ることになり、イエス・キリストに向かって感謝した。

あと今回の駅員の態度はまさにゴミ処理をするかのように威圧的で非常に印象は悪かったが、最近の撮○鉄関連の悪行の話からも見えるように、でんちゃ周りに散在するとんでもないキチガイ共を一掃するためには感情を捨てて規則の番人と化さないと仕事にならないんだろうなあ〜と謎の納得を得た。

 

-Fin-

 

 

 

 

 

執筆に50分かかったのでもうインフレが始まりました。

S H A D O W V E R S E

アンノウン・フロム・ジ・アビス

退院後ほぼ1ヶ月が経ち、左目が見えにくくなったことと維持治療薬を飲み続けていること以外は日常を取り戻していた。どっかしらの筋肉がたまにピクピクする瞬間が一日に何度かあるのは気になるが、他になんとか症の影響と疑われる症状が出ることはなかった。

2ヶ月弱の入院期間を経て、強めのパーマをかけていた髪は伸び放題に伸びてマングローブのように膨れ上がっていた。職場で作業帽を被ると耳の上からはみ出た髪がカールして橋田至になるのがとても嫌だったので、4ヶ月ぶりに行きつけの美容室の予約を取り付けていた。

大学生の頃からずっと同じ美容師に散髪を任せており、もう10年とかになる。今更気を遣う必要がないので、就職して他県に移ってからもわざわざ高速運賃を払ってでも定期的に通っている。

 

 

 

☆★☆

 

 

 

予約当日は生憎の大雨だった。3月に入って晴れが続いていたのに、出勤以外で久々に外出する日に限ってこの仕打ちである。唐突な難病宣告スタートを切った2021年が人生最悪の試練の年であることを強制的に実感させられる。

 

シャワーを浴びて昼過ぎに家を出た。昼食は高速を降りてから適当な店で済ませるつもりでいたが、この気分のときは大抵何故か道沿いに都合良く現れるかつやに漂着する。この現象には名前をつけるべきだと思う。

今回もバイパス沿いに現れた謎のかつやに吸い込まれ、赤辛カツ丼を貪るといよいよ一服したい気分になる。服薬に絶対良くないと理解していながらもタバコを絶っているわけではない。

 

かつやの隣の店の軒先に灰皿が設置してあることを確認すると、半自動的に動く手先が素早くタバコを咥えさせる。

 

 

……

 

 

こういった何気ない時間には、いいメロディが頭に浮かぶことが多い。タバコに火を点けると、脳内のモニタースピーカーが完璧なミックスの創作アニメ・ソングを爆音で再生し始める。

 

ルン♪ ルン♪

 

 

 

 

………………… ………………

 

 

 

 

パーラメントの崇高な煙が肺胞に侵入すると、音像は更にクリアさを増す。ギターが力強く唸る。ドラムが活き活きと弾ける。

 

 

 

「まりっ。」

 

 

 

ピアノが艶やかに響く。ボーカルが観客を魅了する。

 

まりっ。が……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まりっ。て何だ?」

 

 

 

 

音楽は鳴り響く限り人を魅せる。

当たり前に見える「存在」さえも、当たり前に視せぬ程に。

 

尻が、灼ける。

湿り気が臀部の皮膚にどんどん拡がっていく。

 

 

 

「あ、あ……、あ………………」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はこの日、生まれて初めて糞を漏らしてしまった。

 

漏れた量的には大したことはない。だがよりにもよって俺がこれからオシャレな美容室に向かうところであること、さらに何とか症がもたらす重い症状のひとつに排泄障害があることを即座に思い出してしまう。

ミクロの不安とマクロの不安が混ざり合って放たれたメドローアは俺の精神を容易く灰燼に帰し、正気を失わせるには十分すぎる「災厄に準ずる威力」と評してもよい。

 

糞が漏れたのに、引き続きタバコを吸っている自分がいる。糞が漏れたことを現実として全く受け入れることができないのだ。

1分半くらい呆然と立ち尽くしてからかつやの店内に戻り、レジ横の便所に駆け込んでジーンズとトランクスを一目散にずり降ろすと、紛れもなく糞そのものがタマネギ片と一緒にパンツにこびりつき、ジーンズの生地まで汁が染みている。

 

学生の頃から愛用しているプレイボーイの柄入りトランクスは最早救うこと能わず、こびり付いた主要な糞片を備え付けのトイレットペーパーで拭き取ってから、便器横のサニタリーボックスに葬送する。

ケツも十二分に拭き上げてから、ノーパンのまま糞の染みたジーンズを履き、忍者の如き足捌きで2度目の退店を遂行するのであった。

 

美容室の予約時間まであと35分しかない。何事もなければ余裕で店に着ける時間だが、糞の染みたジーンズを履いてノーパンのままオシャレな美容室になど入れる筈がない。

糞汁が染みないように大量のティッシュを運転席の座面に敷いてから直ぐ、替えのパンツとトランクスを買うためのアパレルショップを探し始めたのだが全く見つからない。渋滞を越えて目的の美容室を通り過ぎた先にあるゴルフ用品店に何とか滑り込むも、スポーツウェアなのでどれも裾上げが前提の作りをしており喫緊のリザーバーは務まらない。

美容室に電話して遅刻することを伝え、店横のローソンでボクサーパンツだけを買って履き直し、ジーンズは「染みた」ことを隠してオシャレな美容室に入ることになった。

 

 

 

☆★☆

 

 

 

「あ、あの、今日は、あまりパーマを、その、あの、ゆるめに、その、」

 

 

話慣れているはずの美容師なのに、呂律の回った声での意思伝達が全くできなかった。美容師も困惑して怪訝な反応をしている。そもそも遅刻した理由として

 

 

「うんこ漏れたから」

 

 

なんて口が裂けても言えるわけがない。

 

脂汗をかきながら、自分が難病を患って2ヶ月入院してたことを伝えつつお茶を濁した。本来客が美容師に対してしてもいい重さの話ではないのだが、すぐに理解を示してくれた。こういった忌憚のないやり取りが自然に実現するというのが、頑なに美容室を変えられない理由のひとつでもある。

 

美容室にいる間、また自分の意思に反して糞を漏らしてしまうのではないか?と気が気ではなかった。

そして糞を漏らした着の身着のまま、それをひた隠しにしていつも通りのサービスを受け続けている己のクソさを恥じていた。まあ糞なんだけど。

口が勝手に余計なことを口走り始めた。

 

 

 

 

「俺の病気なんですけど、人によっては『排泄障害』とか出ることあるらしくて…」

 

「うわぁ〜、それはやばいね。。。」

 

 

 

 

や、やっぱやばいのよな。。。。

 

 

 

 

「まあポジティブに捉えて、前向きに生きていこうよ。」

「お、おれはそんなに悲観してないっすけどね笑笑笑笑笑笑」

「そっか〜。じゃあ、またね〜。」

 

 

結局最後まで遅刻の理由を問われることはなく、美容師がコミュニケーションのプロであることを改めて思い知る結果となった。

美容師の言うとおり、前向きにポジティブに捉えて生きていくことは大事だ。それがたとえ、糞を漏らしたということだとしてもね(は?)

退院〜復職

41日間に渡る入院生活が終わり、職場に復帰してから2週間。本当ならばセーブしながら少しずつ仕事を再開したかったが、後ろ倒しに詰め込まれたタスクは待ってくれないので初日から残業しまくっている。

退院してから、目の見え方が良くなってきている気がする。代謝が上がると悪化するし、相変わらず1枚偏光板を挟んだような色味で質感も透明感もクソもないが、文字を読んだりするぶんには問題なく通常の視力は確保できている。

維持治療薬のテクフィデラで様子を見ているが、なんか肝臓の数値がよろしくないらしく違う薬に変わるかもしれない。それからとにかく金がない。保険金振り込まれるのが遅くなりそうで入院費払えない(本当に社会人?)

退院前夜

IVIg静注も終わり、生涯飲み続けていくことになる再発防止薬テクフィデラの内服を月曜から始めた。特に変調はなく、予定通り明日退院する。

ちょっと大きめのカプセル剤で、1粒あたりの薬価は約4000円、1日2錠なのでひと月24万円。社保の3割負担だけでは月72000円も払うことになり頭がパァになってしまうが、助成金の制度を使えば月33000円までは下げることができる。それでもクソ高い。これまで雑に金を使いすぎた罰かもしれない。

 

 

目の調子は相変わらずで良くならないにしろこれ以上悪くならないことを祈るばかり。まさか長期入院で出せる手を出し尽くしても治せず家に帰ることになるとは思わなかったよ。ある日突然元に戻ったりしないかなあ。

明日は退院したら昼にすた丼食って、夜はちょっと良い寿司を食うって決めてンだ、俺ン中ではヨ。