メュ!

メュ。

下火のカードゲーム

下火のカードゲームの記事です。

 

新しいカードパックのSTARFORGED LEGENDSが配信されましたね。

 

 

(以下文語体―bungotai―)

 

 

前パックWONDERLAND DREAMSでは事前情報公開時から糞が次々と胸を張って登場し、お通夜ムードのまま実際に環境が入れ替わるとあまりの糞さにギブを申し出るプレイヤーが続々と現れた。

それまでコピペヘクターでゲラゲラ笑っていた私も、早々にギブを申し出たプレイヤーの一介である。

 

プレー人口が1/8192になり、ヤバイと思った運営は遂に糞カード達に定期的な火炎放射を決行し、ナーフバースが開幕するに至ったのだった。

 

そんな世紀末環境を終え、現在のシャーバドウスはどうなっているのか?

ペンペン草ひとつ生えない核戦争後の焦土なのか?

 

真実を確かめるべく、私はうっかり手を滑らせて7500個のクリスタルを入手し、自らの手で新デッキを構築するに至った。

 

 

 

 

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20171004204419p:plain

 

f:id:mexyupimankosuki:20171004204856p:plain

 

 

新フォロワー、ギガントキマイラ降臨。

 

 

 

 

 

ギガントキマイラはスペルブーストでダメージを上げていく核爆弾です。

(総評が幼稚園児)

 

ギガントキマイラを使ったOTKデッキというのが存在し、超越みたいにスペルを連打して8ターン目にロキという変なフォロワーを場に置き、9ターン目にギガントキマイラをぶっ放すと勝手に相手が死ぬらしい。

 

 

…しかし新環境は原初ドラゴンやフェイスロイヤルといった速いデッキが台頭しているため、いつものようにコントロールデッキの出る幕がないという哀しき業を背負っていた。

 

 

そこでボコられないように盤面を取りながらギガントキマイラまで耐え忍び、オナニーをすることができる構築を検討した結果が、上の「秘術型キマイラ」である。

 

 

 

序盤は従来の秘術デッキのように、土の印やフォロワーを展開しつつ盤面を整えていく。

中盤は大量のガーディアンゴーレムを並べ、9ターン目にギガントキマイラで締める。

ギガントキマイラいらなくね?殴って勝てばよくね?うるさい黙ってほしい。

 

 

スペル型のOTKでは「フォロワー」をギガントキマイラだけに絞ることで、新カードのコールチェインを使ってギガントキマイラを確定サーチすることができた。

一方、このデッキでは「スペルブースト付きカード」をギガントキマイラのみにすることにより、ルゥを使ってギガントキマイラを確定サーチするのである。

 

 

ギガントキマイラの強化は、デッキに最初から入っているスペル以外ではゴーレムアサルトやエンシェントアルケミストで豊富に手に入るガーディアンの錬成、レヴィからの紅蓮の魔術等を使って行っていく。

 

ギガントキマイラまでにある程度相手のライフを削っておく前提なので、過剰にキマイラを強化する必要はない。せめて最後は苦しまずに…の精神のもと、ギガントキマイラが介錯をする。そういう侍道が、此処にはある。

 

 

1枚だけ入っているパメヲは、ロキのあと土の印を2まい食べて4倍界王拳をする男の子のデッケェ夢のための存在である。ただ6PP以降の全体除去が蔓延る昨今のシャスーバウドでは、4倍どころか2倍だけでも、実現する可能性はチンコにカビが生えるくらい低いですね(^-^;;)

 

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20171004211636j:plain

試運転。

うん、これが理想形。

 

 

 

 

 

さて、秘術キマイラを携えて、『真実を確かめるための』ウンコマッチへ。

侍道、吶喊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20171004213202p:plain

 

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20171004213239p:plain

 

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20171004213313p:plain

サハクィエルでゼウスチラ見せ済み)

 

 

 

 

 

 

 

うわあああ~~~~~~~~~~~~~…………

 

 

 

 

 

みんなもギガントキマイラ使おう……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけ

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20171004211313p:plain

 

 

 

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20171004211346p:plain

 

仕事辞めてゾディアックデーモンのここに住みたい

 

躁鬱の犬

帰る直前に糞元上司が職場に割り込んできて意味不明な文句を垂れて去っていったことで、メュピは“““Pの衝動”””に包まれたのであった。(なんで❔)

 

いつものようにと戯れようとAのシマに入った瞬間、俺は無垢なる動物に出会った。

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20170926222824j:image

 

……犬だ。

 

パチンコ店、鳥やネズミでは飽き足らず、遂に犬を飼い始めたか。

 

 

名をワンダークーちゃんと云ふ。

北電子WonderGOOの2社から同時にブン殴られそうな容貌をしたその犬は、汚い人間の事情など知らんとばかりに無垢なる表情を浮かべ、俺を見てくる。

 

 

ワン、ワン!

 


f:id:mexyupimankosuki:20170926223414j:image

ワン、ワン!

(はよ金くれや、カス)

 

 

よ〜し、最近鳥もなついてくれないからさ、おじさんが遊んであげるよ。

おじさん、犬苦手だけどさ。

今日は特別だよ〜っ(≧∇≦)

 

 

 

★☆★☆機種説明☆★☆★

 

ハイパーリノの流れを汲む、設定一段階のノーマル機である。

1/99のハイリノよりも合算は重い(1/126)もののBIGに寄りやすい振り分けで、短時間でのまとまった出玉に期待が持てる。

 

繰り返すことになるが、リール配列含め見た目はジャグラーに非常に酷似している。

ジャグラーと同じようにバー付きのチェリーを狙いながら適当に消化することもできるが…

 

ジャグラーでは1/1000ほどの準プレミア的な扱いであるベル揃いが、このワンダークーちゃんでは15枚役であり、クラセレのスイカと同じくらいのペースで落ちてくる。

 

f:id:mexyupimankosuki:20170926230334j:image

 ガンガン落ちるよ。

 

ハイリノ同様に吸い込みの激しい(22G/50枚)この台で15枚役を零し続けることは即ち、敗けである。

 

左リールのベルは7図柄の真上に1個しかなく、バー狙いで消化していると一生ベルを零し続ける。

 

ジャグラーの見た目に釣られてオヤジ打ちする老人を誘い、金をこそぎ取る。

小賢しい犬である。

 

ということで、通常時は右リールから上中段2コマに7図柄を押して子役を判別することになるが、手順書くのは面倒なんで適当にググって。

 

 

はなくそをほじりながら下の犬を眺めていると…

 

ワン!

唐突に犬が鳴く。

 

 


f:id:mexyupimankosuki:20170926230621j:image

 


f:id:mexyupimankosuki:20170926230630j:image

 


f:id:mexyupimankosuki:20170926230707j:image

 犬出現。

 

 

犬が虹色に光ってる…

 

 

基本的にはワン!と鳴きながら小屋から出てくるのだが、たまにスッ…みたいな感じで無言で登場することもあり侮れない。

 

 

ボーナス7回中、7回のBIG―――――――

5分で600枚を生み出した瞬間もあった。

 

 

 

この犬は、人間の射幸心を完全に理解している。

 

人間の射幸心を司っている――――――――――

 

 

 


f:id:mexyupimankosuki:20170926231107j:image

おおお……………

 

 

 

 

 このあとめっちゃメダル貪って引きこもった。

躁鬱の犬だった。

 

 

2時間遊んでやったら400円くれた。

小賢しいわ。

終焉の地の聖太鼓設置事情

う~~~~~~~~~~~っっっ、、、

 

 

🌸!!メュ!!🌸

 

(いきなりなに❔❔)

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

ドラムマニア << 聖太鼓―ULTIMATE HOLY DRUMS―(は?) >> が新作Matixxになりました。

 

前作Re:evolveの稼働期間は短かったうえ、悲しくも仕事が忙しく、ほとんど触れることがないまま終わってしまった……

 

今作はフレーズコンボという新システムの導入で、フルコンしなければ達成率が極端に下がるが真ん中1切りでもパフェが良ければSS乗るという、過去作の緊張感はそのままにスキルを上げるための戦略性が底上げされた素晴らしい改変となっている。

 

 

…はずだったのだが、過去最悪(災厄)クラスのガバガバ難易度修正が入り、異常な稼ぎ曲が多数誕生してしまった。結果的に各スキルカラーの価値は過去作よりも相当下がってしまったと言わざるをえない。

 

 

が、しかし。特にこのゲームのプレイヤーとして一抹の誇りも持ち合わせない俺は、

 

 

 

 

 

『 カラの “““””” ともの “““””” 

 

 

 

 

 

だと、日本国を氷河期に強制突入させかねない此のような臭寒い言葉遊びを以て、堂々とキモ・ブログを更新することができるのである。

 

今作は前メュピ未到のスキルポイント8500、“““虹ネーム”””を背負うことで、貯蓄も女も健康なペニスも何一つ持たない哀しき我が人生のステージをワンランク、いや神なる支配者達の棲まう天上の領域――Yggdrasill――まで持ち上げようではないか。

 

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20170918205126j:plain

      <Fig.1 ユグドラシル

 

 

 

 

が。

ここでひとつ、問題があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終焉の地には、聖太鼓が配備されていなかったのだ――――――――――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、まあ、知ってたけど。

 

これまでも聖太鼓を“““演る”””ときは、終焉の地から車で40分ほど離れた科学的近未来都市―TSU・KU・BA―まで赴き、Scienceの叡智を以て、人工的に聖属性のエンチャントを繰り返してきた。

 

しかし、死事を終えてから40分の車の運転を経て聖太鼓を演るのは、現実問題非常にキツかった。

 

なるべく負担の少ないところに聖太鼓は祀られていないものか。。。。。

 

 

私は足を踏み入れるべき頂のため、聖太鼓巡礼を始めた。

その記録をこのキモ・ブログに、記事として遺そうと思う。

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

① ゲームパニックつくば

 

ここは終焉の自宅から最も近い。それでも車で35分はかかる…

深夜営業を行っているのが最大の強み。

なのだが、俺が最も苦手とする白筐体かつ、異常に重いバスペダルが俺の魂のレベルアップを阻害する。

 

ビートマニアの真隣にセパレータもなく筐体がベタ付けされているのも大問題だ。

間違えてサヨナラヘヴン泉Mixなどを選曲してしまい、スティックが隣のDJへサヨナラヘヴンしようものなら、即座にDJ BATTLEという名の一方的虐殺が平和な店内で繰り広げられることになる。

ゲームパニックとは言い得て妙だ、とは絶対に言わしめたくないものである。

 

上記理由で聖太鼓目的では行くことのないゲーセンだ。なお、ビートマニアのメンテナンスは良好である。

 

 

② ジャムジャムつくば

 

科学近未来都市TSU・KU・BAのド真ん中に位置する、マッドサイエンティストが経営する地下ゲームセンターである。

経営者の狂気が暴走したのか、去年辺りから某WGCよろしく音楽ゲームの旧作を大量に導入し始め、音ゲー博物館の様相を呈してきた。 

 

 もちろん現行機種も稼働しており、聖太鼓は俺の最も得意とする初代DX筐体だ。店内も暗く、画面の反射がないように配慮された壁向きの配置で譜面の視認性は非常に良い。

 しかし旧作に魂を奪われ正気を失っているためか、聖太鼓のメンテナンスは非常に劣悪である。

LPを踏めばハイハットとスネアが同時反応を起こし、元禄花吹雪の後半サビなどは少し強めにLPを踏めば『左手でおにぎりを食べながらコンボを繋ぐ』という離れ業すら可能にしてしまう。残念ながらそんなポテンシャルは誰も求めていないのだ。

 

極めつけは旧作コレクションの一環で “““初代XG””” をDX筐体でワンセット導入。

 

「「「NEMESISできるじゃん!!!!!!!!WOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!!!!!!!!!!」」」

 

と現行機種のメンテの悪さで極限まで下がりきった俺のテンションをMAX60000%までブチアゲ直したこの初代XGは、非オンライン稼働で楽曲開放初期状態、一部ライセンス楽曲は封印済みというカス・オブ・カスィズな産廃と化しており、ALMOST EASYを3連奏して終了という悲しい結末を迎えた。

しかも現行機種よりもメンテ良いのがクッソ腹立つ。

余談だがここでゲームするときに同じ建物の中にあるSEIYUで弁当を買って食うと8割の確率で腹を下す。

 

今では店選びの選択肢にすら上がらない。経営者の改心を待つばかりである。

 

 

ピンクパンサーつくば

 

前述したジャムジャムと同じエリアに位置する、小型のゲームセンター。

店舗奥の暗がりに白筐体がボンヤリと視界に映った時点で既に6万リットルの溜め息が吐き出されたが、一応座ってペダルを踏んでみる。

ペダルの戻りのタイミングでガチャッ!ガチャッ!と巨大な音が反響する。

8分で踏み続けると必ず裏拍のタイミングでガチャ!ガチャ!と鳴るので、全くリズムを取ることができない。スネアの感度も微妙に悪い。

 

ダメだ…ここでは俺の魂のステージはアがらないぜ……

 

多分もう来ない。

 

 

④ 森の散歩道土浦

 

近未来(以下略)から更に北上し、土浦の工業地帯内のショッピングモールにあるゲームセンター。

子供がやたらたくさんいる。カップルもいっぱいいてうざい。ここも白筐体。

だが、ペダルを踏んだ感触はいつものDX筐体に近い。プレー時もあまり違和感なく、ゴーゴーマニアック2切り程度までは普通に持ってこれた。

料金設定が124Pであることを考えると、45分もかけて来るほどのメリットは特になく、後述するタイステ柏中央に勝てる要素は微塵もない。

ビートマニアの鍵盤を押したらいきなり筋肉の試練を課せられたので、二度と用はない。

 

 

⑤ 千代田スポーツセンター

 

森の散歩道からさらに北上して10分程度。住所的にはもう土浦を追い越して石岡市

ここはなんと24時間営業である。さらにDX筐体と、圧倒的パワースペックが光る。

 

聖太鼓は店のカドに配置されており、壁際に荷物を置けば置き引きの心配もない。

汗をかく上半身に風がよく当たるようにルーバー式扇風機が設置されており、プレイヤーへの配慮は十分だ。

 

バスペダルを踏んだ感触は柔らかく、2連や3連が入りやすい。踏んだ音が反響して非常に聴きやすく、リズムキープも易い。

過去に一度心ない猿から画面に正拳突きを食らい、稼働停止を経たあと非純正ディスプレイに換装された辛い過去を有する。

 

稀にLPでスネアが誤爆するくらいで、カードはさみ等で対処可能。

ここはかなり快適に魂のステージを上げていくことができる。50分かかるが、深夜までじっくり演りたいときにはここ以外の選択肢はないほどの優良スポットだ。

 

 

アミューズメントR408

 

再びつくば(もう表記めんどくせえ。)へ南下。

中心部からは少し外れた田んぼエリアにポツンと建っているゲームセンター。

その名の通り国道408号線沿いに位置し、終焉の地側から408号線を走っていくと、街路樹の植え終わりで開けた視界にドン!と登場する。

移動所要時間もゲームパニックと並ぶ35分と、そこそこ気軽に演りに行ける。

夜はカラフルなネオンライトがノスタルジックな雰囲気を醸し出す。おそらく古参のゲームセンターではないだろうか。

 

DX筐体の宿命ともいえるLPスネア誤爆のほか、シンバル多重がよく発生する。

フロアタムのネジが一部紛失しており、叩いているとパッドがズレてきて無反応を起こすようになる。双つ雲とかやると地獄を見る。カードはさみで誤反応を防げなくはないが………

湾岸ゾーンは劣悪な動物園と化している。罵詈雑言のようにも聞こえる怒声、啼声は日常茶飯事のように店内に響き渡り、最早このゲームセンターの名物ともいえる要素だろう。

 

近年ゲームセンターが次々と店をたたみ始め、ラウンドワンなどの小綺麗で治安の比較的良い(池袋だけは例外、あそこはヨハネスブルグ)大型店ばかりが残っていく中、動物園のような『ゲーセンならではのアットホーム』が見られる古いゲームセンターは貴重だ。このような空間こそ保護されなければならないのだ。

 

俺が埼玉で出会った、俺の人生を語る上では欠かせない存在であろう『ウェアハウス埼大通り店』をどこか彷彿とさせる。楽しかったな、あの空間は…もう二度と戻らない。

 

おっと、思い出話が過ぎたね。うん、ここはいくら近いとはいえ、音ゲーをやるには相当微妙だ。ただ、2階でゆっくりPHOENIXダーツをする分には快適だ。

 

 

タイトーステーション柏中央

 

結論から言ってしまうと、ここの聖太鼓が俺の選んだ“““魂の相棒”””だ。

 

一気に千葉まで南下する。片道50~60分もかけてまで行く理由はゴマンとある。

DX筐体であり、誤反応は一切発生しないほぼ完璧なメンテナンスを維持している。

2連や3連のバスが他の筐体より多少入れにくい感触はあるが、踏んだ音はかなり聴こえやすくツーバスもかなりマシに踏める。

料金設定は貴重な100P。しかも午前中に行けば、朝練と称して毎日半額キャンペーンをやっている。破格の1クレ50Pである。(午前中に行けたことはまだないが。)

 

マルハンが運営する建物の中に入っており、マルハン以外は寂れ気味であるためか、休日のゴールデンタイムに行っても粘着してるプレイヤーがほぼいないので、快適にスキル上げに没頭することができる。

 

車でアクセス可能な聖太鼓の環境としては間違いなく最強を名乗れるだろう。

 

決して騙されてはいけないのは、中に入っているマルハンが糞の極みであるということである。というか柏周辺のパチ屋ヤバすぎ。人殺す奴出てくるぞあんな締め方。

 

 

 

⑧ その他柏駅周辺の有象無象

 

柏駅周辺に車を止めなければならない時点で選択肢に上がらない。柏駅周辺だけ路駐や人の飛び出しが異常に多く、タイやベトナムにでも旅行に来た気分だ。駐車料金も高いし、可能な限り近寄りたくはない。

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

結論。

 

北の千代スポ南のTS柏中央

 

 

終焉の地に住んでいる時点で、Yggdrasilを目指すには移動時間はケチれない、ということである。

 

 

家の近所に聖太鼓がある君たちが、メュピはとっても羨ましいよ(;^-^)

 

 

収まらない左足の痙攣と貧弱な体幹という巨きな(おおきな(ブリーチ(茶渡泰虎)))ハンデを背負いながら、俺は虹色に光り輝く伝説の世界樹を目指す――――――――――――――

 

 

 

 

 

 

 

完。

 

 

 

 

否、

 

 

 

 

 

新天地、開闢。

 

 

 

 

 

 

 

 

R E S U L T

・汚い虹色文字   190,000

・唐突な図挿入    40,000

・長文記事    200,000

・ウェアハウス埼大通り店の思ひ出    -9,000,000

 

TOTAL   -8,570,000

 

 

 

RANK   

TAG MASTER


f:id:mexyupimankosuki:20170917165022j:image

EXCELSIOR DIVE 初接続。

 

 

I AM TAG MASTER・・・・・

 

 

Before Daybreakも繋げばTRUE TAG MASTERになれるが、至るところが難しいし精度取れないので繋いでも168点で涙零れ落ちることになりそう。

 

あとパチンコスロット負けすぎて全財産2000円になたlol

 

 

鬼クンニしたい。

PACHINKER'S NEST

昨日はパチンコをしました。

 

・ハイスクールオブザデッド

緑保留から弱めの演出が続いたが何故か当たる。これは単発で、時短で引き戻してRUSH獲得したが8回リミットを超えられず終了。

8連荘がほぼ確定するのはいいんだけど6R当たりまでしかないので全然球が増えない。6000発。

 

シンフォギア

70億の絶唱リーチから4通。回らないので撤退。

これ打ってると午後9時以降は食事を控えることにしていると何度も宣告されるので、午後9時以降は食事を控えたくなる。

 

・クランキーコレクション

ノーヒット。

 

昨日の収支 マイナス4000円也

 

 

今日もパチンコをしました。

 

緋弾のアリア2

みんな大嫌い藤商事のアニメ版権台

藤商事の台は例外なく全て音波兵器で殺人性能を持つので、自分や周りの人の生命のためにも音量は最低にしましょう。最低でも超うるさい。

ヒステリアモード(Lv2)で赤保留昇格、そのままDANGERゾーン(信頼度70%)からDANGER保留昇格、金タイトルではずれ。。。

打ち始める前に大当たり変動時ラッキーエアー確定の一発告知設定にしていたのが裏目に出た。藤商事とはいえ、ここまでされたら嫌でも期待してしまう。

 

やる気失せたので即撤退。

今日の収支 マイナス11500円也

 

最近全部まけてる…

 

 

ここからはクランキーセレブレーションのリーチ目を載せます

 

 
f:id:mexyupimankosuki:20170910233042j:image

鳥BB確定のおなじみ2確目だけど正直面白くない。

 

 

 
f:id:mexyupimankosuki:20170910233253j:image

半年前に打ったときの写真で当時は知らなかったけど、左リール青7上段から下段にスイカは揃わない(ちゃんと上段に青7を押せてれば…)ので挟んで下段にスイカテンパイした時点で2確だと思う

 

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20170910233634j:image

今日のリーチ目

はさんでベルリプ対応の出目だけど中段に鳥が出しゃばってきてハズれた。確かRB

 

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20170910233839j:image

みんな大好きズレ目 もちろん2確

 

 

 

f:id:mexyupimankosuki:20170910233951j:image

鳥落としのリーチ目

下段に鳥を押せてれば鳥頭も赤頭も蹴ったのでそのまま青BBが確定する楽しい出目。

Twittetアカウントのヘッダーにもなったお気に入り。

 

 


f:id:mexyupimankosuki:20170910234226j:image

脳内にヤバい化学物質を大量に生成した悪魔のチェスチェ

 スロットで叫んだのは初めてでした。リーチ目タイプノーマルの1G連の快楽はジャグラーの比じゃない。

 

 

う〜〜〜〜〜〜〜〜ん、、、、

 

 

 

 

 

★☆★☆★☆お金ない☆★☆★☆★

迷走人生 ~女編~

特に推敲もしない乱文です。

 

 

 

思い返せば今まで随分と適当に生きてきた。

 

小学校、中学校、高校、大学、大学院、就職。

自立するまでに歩む、踏み外したら面倒なことになるごく一般的なレールの上だけは真面目に歩けるよう、瞬発的に力を出して常にギリギリで壁を乗り越えて、一応は上場企業に就職するところまではいけた(内情はどうであれ)。

一見それなりに頑張ってそうではあるが、裏を返せば何の変哲もない一本道を迷わずに歩くことだけに全力を注いで生きてきたので、自分自身を振り返ったり、多種多様な選択から構築される自分自身の人生について真剣に考察したりすることは一切なかった。

 

気付いてみれば俺は既に二十代後半だった。

三十路にもなれば、当然のように結婚していて子供が既に3人くらいいて、年収は800万円で、マイホームを買っていて…などと、死ぬまでに歩む人生のレールを「自分自身の多種多様な選択から自主的に」構築し終わっていても何らおかしくない時期。

 

俺が終焉へのレールを敷き終わるまでの猶予はあと数年しか残されていなかったのだ。

 

もし三十路になる直前の俺がその先の線路図を全く思い描いていなかった場合は、そのまま強制的に奈落の底へ繋がったレールが固められる。片道切符なので、戻ることは叶わない。

 

俺は焦燥に駆られていた…

 

真剣に意識したことはなかったものの、結婚して子供を作って、幸せな家庭を築けたらいいなア…親に孫の姿を見せてやりたいものだ…などと考えたことがないわけでもなかった。

 

ああ、これ…

 

 

 

 

 

 

女、作らんとアカンか――――――――――――――――――――――――

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★出会い系に課金しました★☆★☆★☆

 

 

Facebook認証で使うタイプで、Facebookとか生理的に無理で一生アカウント作ることはないと思っていいた俺が、出会い系のためにアカウントを開設してわざわざフォロワー(友達、という。)を10人も集めてようやっと登録したのだ。

 

俺は気持ち悪いから、女のツテすらインターネットに縋るのだ。

twitterのフォロワーと会ったら気が合う女で、そのまま付き合い始めたなどという話は俺にとっては超理想的なムーブであり、最も憧れるケースだが、他人がそれを成し遂げたのを見てしまおうものなら俺は即座にFUCKERMANNと化し、憤怒の無双乱舞を始めることにしている。

 

 

さて、今回の俺は本気やぞ。

 

 

流れとして、まずは女の顔面をスクロールして品評し、気になったらタップしてプロフを閲覧。その中身が合いそうだと感じたら、「いいね!」というfav的なボタンを押して女に求愛行動をする。女に自分の顔面とプロフを認められたら、女からもいいね!が返ってきて「マッチング成立」となる。そこで初めて、女とのメッセージ交換が可能になるシステムである。

 

 

最初に俺は、ひとつの大きな絶望に直面した。

女のほとんどが、自分の顔面をSNOWのような整形アプリを使って加工しているのだ。

ただでさえ呼吸をするように嘘を吐き男を撹乱する“““ブリージー・ライ(Breathy Lie)”””のパッシブスキルを発動させた女性が多いというのに、出会い頭に顔面から偽っている女など論外だ。女ですらない。此れ等はダークマターだ。

 

 

ダークマターを掻き分け、何とかして素の写真を載せた女を見つけ、プロフィールを閲覧した時、第二の絶望が俺を襲う。

「好きなこと」に、“““ディズニーが好き♪””” “““海外旅行が好き♪”””などと書かれており、しかも「初回デート費用」の条件として、“““男性が多く払う””” “““男性が全額払う”””などと堂々と設定されているのだった。

 

女というのはいつもこうだ。都合のいいATMを見つけては誑かして利益を得て、用済みになったら捨てるのだ。そんな気概を隠そうとすることもなく、さも当たり前の常識と言わんばかりに男に突き出してくるこいつらは、ダークマターですらない、ウンコそのものだ。

 

ダークマターでもウンコでもない女を見つけられる確率がGODを引くレベルの中、奇跡的に引いたGODに対してアプローチをかけてみるが、「俺は気持ち悪い」というどう足掻いても対処できない最後の絶望に阻まれ、全てが終焉を迎えるのだった。

 

 

 

 

 

 

ああ、インターネットの女性、ダメだ……………

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

 

……

 

 

始めたての頃に間違えていいねしていた、バツイチ子持ち27歳とマッチングした。

助けてくれ。俺は逃げた。

 

 

余談だが、先日職場の人達とレジャーに出かけた際、娘を2人連れてきた先輩がいた。

無邪気でかわいくて、俺も娘ホシス。。。。と思ったのだが、子供は疲れを知らないので無限に大人を振り回して暴れ続ける。かわいいのだが、これを毎日、大人になるまで

世話し続けられるか…?と考えると、俺にはとても難しそうだ、という結論に至った。

子供を作らないのなら、結婚をする意味が全くない。(と、俺は勝手に思っている)

 

なら、女との接触というのは、今までのようにたまに風俗に行ってパイズリをしてもらうくらいでいいんじゃないのか、とも思った。

 

 

 

俺の人生、奈落上等か。

まあどうせ四十代になる前に臓器不全で死ぬし。まあいいか。

 

 

うーん、小陰唇!!!!!(は?)

 

end.

GOLFMAN

最近、ゴルフへの入れ込みようが“““本気”””《-MAJI-》モードになってきた。

 

月末に会社のゴルフコンペを控え、7月に入ってからは暇さえあれば打ちっぱなし練習場に行き、週末には職場の同僚達とコースを回る日々を繰り返した。

格安の雑なゴルフ場とはいえ、既に3回18Hラウンドを経験し、ベストスコアで160打。

始めて一月半のnoobにしては、決して上手くはないが平均よりちょい下くらいでそこそこ無難にこなせているほうだと、つい先日までは思い込んでいたのだ。

 

ところが、俺が新車を手に入れてブンブン言わせていたある週末に、職場の同僚達が回ってきたという笠間の某格安コース。その参加者達の成績を聞くと…

俺と同レベルだった人達は軒並み130台を叩き出し、初参加の奴でさえ154打と、あっさり俺の3回目のベストスコアを抜き去っていってしまったのだ。

 

 

俺のプライドは虚無の深淵へと呑み込まれた。

 

 

圧倒的にセンスに恵まれなかった。

思えば小学生の頃から、常に体育(スポーツ)の成績は最低評価を叩き出していた。

サッカーをすれば使えないので後ろに追いやられてリーダー格達がボールを回しているのを焦点のあっていない眼で眺め、部活の卓球は雑魚過ぎて万年一回戦敗退だった。

スポーツテストのシャトルランはいつも25回で絶命した。

水泳の授業では溺死しかけた経験から水が怖くなり、25歳になった今でも25mプールを端から端まで泳ぎきった経験が一度もない。

 

自分は身体を動かすことが極端に苦手であるという忘れていた現実が、津波のように押し寄せて俺の自信を根こそぎ奪っていった……

かのように思われた。

 

俺は…こんなところで総てを諦め、何事も中途半端で成し遂げることができなかった糞のような人間のまま一生を終えてしまうのか…?

 

 

違ェだろ。

 

俺は…

 

 

 

俺はGOLFMAN――――

 

GOLFをするために生まれてきた。

 

 

 

つーことで、借り物のゴルフクラブは返却し、自分でゴルフクラブを専用に用意することに決めた。

 

ゴルフパートナーにいた、夫はゴルフという概念そのものですとも言いたげなゴリラみたいな女性店員(ゴル子)に相談して最適なドライバーを選んでもらった。

TaylormadeのR11ドライバーです。(画像は変なブログから拝借)

f:id:mexyupimankosuki:20170722013025j:plain

 

ただ閉店時間も近かったせいか、俺が望んでいた「あのボキフェェアウェイウッッドがに苦手なんんで、ユーティリティティを主軸に据えた感じのですね打ちやすい遠くに飛ばしやすい感じノオポポんなあのあれでですね(早口)(笑)、ンマァ~~どうしますかねwwwwwwwンヒュヒュンwwwwwww」のような濃密なクラブ診断というようにはならず、うわ何こいつクソヘタクソなのにセッティングとかほざいてんだよ…という冷たい視線を感じながらパッパと追い出された感じだった。

 

それから、このゴル子がゴルフに人生の全てを捧げたような容貌をしていながら、ゴルフ初心者の壁と言われるスコア100すら切っていない三段Presto落ち二段くらいのクソ雑魚だったということは後に知った話である。

 

その後はフラッと立ち寄ったワンダーレックスに丁度持っていなかったアイアンとユーティリティのセットが売っていたので、一目惚れして即購入を決めた。

cobra FLY-Z XLシリーズというもので青くてなんかカッコイイです(小並感)(死語)(暗黒微笑)(画像はまた拝借)(ぉ。

f:id:mexyupimankosuki:20170722014016j:plain

 

こういうのは道具じゃない、自分の腕で何とかするもんだという上級者様の声が聞こえてくる気もするが、自分が資産を叩いて買ったクラブだという愛着や心持ちが己を強くするもんだと俺は信じている。

 

今日はこのcobraのアイアンを試打してきたが、とても打ちやすくアイアンは低弾道ボールだらけだった俺でも簡単に高く上げられる謎技術が搭載されているようだった。ロフト角とかは一般的なアイアンと同じはずなのだが。

 

こいつらが俺の覚醒的スコアアップに貢献してくれると信じて、来週末のコンペまでにフォームと安定感を仕上げていくつもりだ。

 

明日はサンドウェッジとパターとゴルフバックを買いに行き、自分のゴルフクラブセットを完全なものとする。明後日はコンペ前最後のコース練習として早朝からハーフ周って調整する。新クラブの慣らし運転にはちょうどいいだろう。

 

 

そうさ。

 

俺は““““““““““GOLFMAN””””””””””。