メュ!

メュ。

ペカリスト酒井

駄文ブログ開始。3日で飽きないようにがんばりましょう。

いきなり仕事の話ですが7月1日の上司の異動が決まって、以降その仕事が全て下に落ちてくるので多分精神病になります。アー。アー。
今は嵐の前の静けさといったところで、さっさと帰れるうちに帰っとこうということで18時ダッシュして、久しぶりにパチスラーに“““成り”””に行きました。

交通事故以降、金銭感覚を見直すために賭博最前線からは退いておりこれからもどっぷり浸かる予定はないのですが。
今月稼働開始したツインエンジェルBREAKが打ちたすぎて、いよいよ賭博とチンポの波動に脳が耐えきれなくなり


「……狂うぞ……」


となっていたワケです。

ツインエンジェルといえば私がホールデビュー――暗黒の創生(はじ)まり――時に打った、パチスロ筆おろし作品です。
そんなシリーズの最新台となれば、打たないわけにはいきません。ペニス丸出しにして台に精液8Lかけながら8000枚出すんや。
いざ近所の唯一の4台導入店へ。



ペニス丸出しのオタクが4人、パンパンに膨れ上がった亀頭を撫でながらアヘ顔でツインエンジェルBREAKを打っていました。

これでは私が介入する幕がない。
そのまま帰ろうかとも思いましたが、バラエティコーナーをウロウロしてたら6000枚吐き出してヤメられていたエバ・勝利への願いが放置されていたので初打ち。

若い女が書く文字の形くらいバリエーションのない演出が続く小便のような通常時を耐えつつ、金魚の糞のようなしょうもないボーナスを5回引き、いずれもARTに繋がらないまま17000円呑まれてヤメ。

苦労してARTブチ込んだとしても60枚で終了がデフォルトだと思うと本気でパチスロの終焉は近いと思う。
ジャグラーが現行最大爆発機という哀しき現状が業界を包み込み、それでも呪縛の輪廻から逃れられないパチスラー達が、只ひたすらに哀れである。


結局、現行最大爆発機であるジャグラーコーナーへ移動。
2000Gほど回され、一粒でBIG10連した後棄てられていた超絶きな臭いファンキーに敢えて着席した。


俺はペカリストだからな。必ずピエロが、俺の灼(あつ)き鼓動に応えてくれる―――――――


結果、隣の全身痙攣しながらボタンを連打するババアに屈することなく1077枚を回収し、無事4500円プラスで終了。やはり俺はペカリストだ。選ばれし存在。いついかなる時も俺を救ってくれるのは、ピエロなのだ――――――――

こういうキモい挙動するジャグラーは大体4だと思う。


帰り道何もしてないのに突然車の後部座席の窓が全開になり、戻らなくなった。
あまりにも怖くて小便が漏れてしまったが、よく見たら積んでいたゴルフバックが窓を下げるレバーを押していて戻らないだけだった。


ツインエンジェルBREAK、いつか打てる日を夢見て。


おわり。