メュ!

メュ。

トマト小僧

仕事終わりにツインエンジェルBREAKを打ちに行ったら店が休みでまたシコれなかったので、その向かいの鼻糞みたいな店でハイパーリノを初打ちしてみた。

 

f:id:mexyupimankosuki:20170626225108j:plain

 

パネルにデカデカとトマトの絵が描かれておりトマトが嫌いな奴は筐体を見た瞬間に貧血で倒れてしまう。

 

リノといえば第三停止の3択を当ててトマトが揃うとキチガイモードに突入して気合でメダルを吐かせまくる射幸心警察もニッコリの素敵な台なのだが、今回のハイパーリノは合算1/99の普通のノーマル。

ジャグラーの設定6でも合算1/132だから1/99は破格の軽さ。にもかかわらず300枚のBBと90枚のRBが1:1の振り分けで、全台共通設定(1段階設定)と至れりつくせり、負ける要素がどこにもないように見える。

ただしベースは1k平均21~24程度で、沖ドキレベルの吸い込み性能。軽いから増えるのも速いけど、減るのも速いのでしっかりとバランスが取れているというカラクリ。

 

打ち方は簡単でまず中リール枠内に青7を停止させることを目標とする。青7の停止位置が中段<下段<上段の順でアツくて上段はボーナス1確。それ以外はトマトが揃うことを祈る(中段のときはリンゴもフォローする)。トマトが揃ったら2分の1でボーナス。揃わずにPAYOUTに1が表示されたらキレてもよい。

 

17k突っ込んでようやく初当たり、そこからは本物のリノのような連荘も加わりモリモリとメダルが増えていったが、250もハマればあっという間に初期状態に戻されてしまう。結局7kの負けに終わった。

 

ジャグラーのピエロが躁状態になったような台でとにかく展開が早いので短時間勝負には向いているが、決して一日腰を据えて打つような台ではない。一段階設定というのもどうも胡散臭さが残る。実際3500G回って合算が1/200超えてるような台も平気であったわけだし。

1000円おみくじとか、立ち回りの途中で軽くメダルを回復したりする用途には適してそう。でも、素直に普通のリノ打ったほうが君の海綿体は喜ぶんじゃないかな。

 

うーん。ツインエンジェルBREAK打ちたい。