メュ!

メュ。

GOLFMAN

最近、ゴルフへの入れ込みようが“““本気”””《-MAJI-》モードになってきた。

 

月末に会社のゴルフコンペを控え、7月に入ってからは暇さえあれば打ちっぱなし練習場に行き、週末には職場の同僚達とコースを回る日々を繰り返した。

格安の雑なゴルフ場とはいえ、既に3回18Hラウンドを経験し、ベストスコアで160打。

始めて一月半のnoobにしては、決して上手くはないが平均よりちょい下くらいでそこそこ無難にこなせているほうだと、つい先日までは思い込んでいたのだ。

 

ところが、俺が新車を手に入れてブンブン言わせていたある週末に、職場の同僚達が回ってきたという笠間の某格安コース。その参加者達の成績を聞くと…

俺と同レベルだった人達は軒並み130台を叩き出し、初参加の奴でさえ154打と、あっさり俺の3回目のベストスコアを抜き去っていってしまったのだ。

 

 

俺のプライドは虚無の深淵へと呑み込まれた。

 

 

圧倒的にセンスに恵まれなかった。

思えば小学生の頃から、常に体育(スポーツ)の成績は最低評価を叩き出していた。

サッカーをすれば使えないので後ろに追いやられてリーダー格達がボールを回しているのを焦点のあっていない眼で眺め、部活の卓球は雑魚過ぎて万年一回戦敗退だった。

スポーツテストのシャトルランはいつも25回で絶命した。

水泳の授業では溺死しかけた経験から水が怖くなり、25歳になった今でも25mプールを端から端まで泳ぎきった経験が一度もない。

 

自分は身体を動かすことが極端に苦手であるという忘れていた現実が、津波のように押し寄せて俺の自信を根こそぎ奪っていった……

かのように思われた。

 

俺は…こんなところで総てを諦め、何事も中途半端で成し遂げることができなかった糞のような人間のまま一生を終えてしまうのか…?

 

 

違ェだろ。

 

俺は…

 

 

 

俺はGOLFMAN――――

 

GOLFをするために生まれてきた。

 

 

 

つーことで、借り物のゴルフクラブは返却し、自分でゴルフクラブを専用に用意することに決めた。

 

ゴルフパートナーにいた、夫はゴルフという概念そのものですとも言いたげなゴリラみたいな女性店員(ゴル子)に相談して最適なドライバーを選んでもらった。

TaylormadeのR11ドライバーです。(画像は変なブログから拝借)

f:id:mexyupimankosuki:20170722013025j:plain

 

ただ閉店時間も近かったせいか、俺が望んでいた「あのボキフェェアウェイウッッドがに苦手なんんで、ユーティリティティを主軸に据えた感じのですね打ちやすい遠くに飛ばしやすい感じノオポポんなあのあれでですね(早口)(笑)、ンマァ~~どうしますかねwwwwwwwンヒュヒュンwwwwwww」のような濃密なクラブ診断というようにはならず、うわ何こいつクソヘタクソなのにセッティングとかほざいてんだよ…という冷たい視線を感じながらパッパと追い出された感じだった。

 

それから、このゴル子がゴルフに人生の全てを捧げたような容貌をしていながら、ゴルフ初心者の壁と言われるスコア100すら切っていない三段Presto落ち二段くらいのクソ雑魚だったということは後に知った話である。

 

その後はフラッと立ち寄ったワンダーレックスに丁度持っていなかったアイアンとユーティリティのセットが売っていたので、一目惚れして即購入を決めた。

cobra FLY-Z XLシリーズというもので青くてなんかカッコイイです(小並感)(死語)(暗黒微笑)(画像はまた拝借)(ぉ。

f:id:mexyupimankosuki:20170722014016j:plain

 

こういうのは道具じゃない、自分の腕で何とかするもんだという上級者様の声が聞こえてくる気もするが、自分が資産を叩いて買ったクラブだという愛着や心持ちが己を強くするもんだと俺は信じている。

 

今日はこのcobraのアイアンを試打してきたが、とても打ちやすくアイアンは低弾道ボールだらけだった俺でも簡単に高く上げられる謎技術が搭載されているようだった。ロフト角とかは一般的なアイアンと同じはずなのだが。

 

こいつらが俺の覚醒的スコアアップに貢献してくれると信じて、来週末のコンペまでにフォームと安定感を仕上げていくつもりだ。

 

明日はサンドウェッジとパターとゴルフバックを買いに行き、自分のゴルフクラブセットを完全なものとする。明後日はコンペ前最後のコース練習として早朝からハーフ周って調整する。新クラブの慣らし運転にはちょうどいいだろう。

 

 

そうさ。

 

俺は““““““““““GOLFMAN””””””””””。