メュ!

メュ。

Trust your own wrist.

今日もビートの話です。

 

音ゲーブログにするつもりは皆無なのだが、最近は深刻な現金不足に悩まされておりPに通うことは不可能なため、実体のない金を使って延々と遊ぶことのできる音ゲーばかりやっており、話題がそちらに偏るのも仕方のない話なのである。

 

 

さて、CANNONBALLERS(以下CB)が稼働してからのIIDXモチベは極めて高い。過去最もプレー回数が多く皆伝を初取得したバージョンでもあるtricoroに匹敵、もしくはそれ以上のビート・フィーリングが、俺を四六時中包んでいるのである。

 

というのも、CBに入ってからほぼ不動だった未難が崩れ始めたのだ。

Plan 8最後落ちから5年越しのハードクリアに始まり、前作SINOBUZで苦しめられたECHIDNAも無事ハード、以降はGo Ahead、卑弥呼と地力S以上の難曲を次々と倒してきた。難易度上昇の著しい近作の中で、レジェンダリアフォルダも含めて未難5まで到達していた。

しかもクリアランプだけでなく、スコア力の向上も実感している。これまでがいくらなんでも低すぎただけなのだが、☆11の中速乱打譜面(quasarやSHADEなど)でも初めてAAAを記録するなど、早入り脳筋スコア六段バカとしての人生から脱却して少しづつ健常者に近づきつつある。

 

近所のゲームセンターにギタドラがないせいでもあるのだが、今とにかくビートが楽しい。近寄る気すら起きなかったPENDUALの頃からすればありえない感情だ。

 

そしてついにIIDXのカリスマ、俺がビートを始める前からハード最強曲として10年以上も君臨し続けてきた、かの有名な冥(Another)、通称「穴冥」にもハードで挑めるほどのステージへ到達したのだった。

Pフリーで粘着を続け、メイン2とサブ3の判別はできたものの、それが分かれるだけでは手も足も出なかった。32分の4個目まで到達したあの1回はマグレだったのか。悔しい。ここからが遠いのだろうが…

 

 

そんな悶々とした日々を送る中、日本有数の穴冥ソムリエであるお皿さんが自らの穴冥に関する知識を伝授する神すぎるブログ記事を掲載した。

俺はこれを更新日の翌日に一日中、穴冥の譜面と睨めっこしながら目に穴が空くほど読み、開幕4小節でほとんどのあたり譜面を判別できるようになってからは今度こそ穴冥を屠るため、これまでよりも足繁くゲームセンターに通っているところだった。

 

今日もその流れで、滅多にしない開店凸を決行してまで、穴冥との死闘を繰り広げようとしていた。

 

 

Pフリー60分で穴冥を殴り続けたが、32分に2回到達しただけで突破は叶わなかった。浮気してMare Nectarisも殴り続けたが、こちらは正直穴冥以上の無理オーラが出ている。

 

どうしたものか。

 

ふと、灼熱pt.2が目に入った。

 

灼熱pt.2といえば、前回記事の未難序列でも書いてあるように、俺が黒イカと同等、いやそれ以上のハード最強曲として認識していた““““超絶《真》絶望譜面””””だった。イージーで挑めば毎回BP170は出るし、こいつのせいで一生全白になれなくても仕方ないとさえ思っていたから、触れすらしていなかった曰く付き。

たまたま皿の軽い右台を選んでいたから、まあ少しずつでも練習してハードできる可能性を0%から0.1%にでも高めておこうという、それはもうとてつもなく後ろ向きな気持ちで選曲してみた。

 

するとなんということだろうか、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く手も足も出なかった。

ヤカンの音がするBSS地帯で、手が動かなくなり即死するのを3回ほど続け、無駄無駄と残りの時間は穴冥とMareに挑む時間に戻したのだった。

だいたいBSS地帯をたまたま抜けられたところで一桁%しか残ってないし、あの譜面でダントツ一番むずいのはラスト。やりすぎにも程がある譜面だ。どうしようもない。不可能。。。

 

Pフリーの時間が切れ、ゲームを終了して喫煙所でアメスピを吸いながらやさぐれていた。

 

ん?

 

 

 

 

 

 

 

俺の左手首が光っている……?

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、何を意味しているのだろうか。

1P手首皿である俺にとって、左手首は俺と共に果てしない皆伝坂を登り続けてきた究極の相棒だ。その左手首が眩いばかりに光輝を纏い、俺に何かを伝えようとしている。

 

 

「俺を信じろ。」

 

 

何となくそう言っているような気がした。

光は消えた。

 

 

お前を信じなかったことなど片時もないよ…そう呟こうとした瞬間の俺の脳内に、焼夷弾が降り注いだ。

 

 

 

 

 

まさに今、たった今、俺は相棒の左手首を信じていなかったじゃあないか。

 

 

 

 

 

――灼熱pt.2。

鍵盤の数も多いとはいえ、小指皿でなければ捌ききれないエグい皿が終始襲い続ける譜面だ。灼熱(無印)も小指皿だけでハードしたんだし、灼熱pt.2に手首皿で挑もうなど考えたこともなく、いつもより正面向きの体勢に切り替えて小指皿で挑んでは、ヤカンで体力が尽きて諦めていたばかりだった。

 

そうか。俺は、究極の思い違いをしていた。

皿の枚数が多すぎようが、24分皿が速すぎようが、俺は最初から、お前だけを信じるべきだったんだな。

 

 

行こうぜ。共に。

一緒に、アイツと闘って、死のうぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



f:id:mexyupimankosuki:20180527003208j:image

 

灼熱pt.2、撃破。

 

 

 

 

 

 

 

は?

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬、何が起きたのか分からなかった。

ついさっきまで、ヤカン地帯で手も足も出ず死んでいたのに。

 

俺が絶望そのものとまで認識していた灼熱pt.2が、未難5にしてあっさり沈んだ瞬間だった。

 

俺は怖くなった。

意味不明な恐怖に包まれた。起こってはいけないことが起こってしまったのだと。

願いを叶えるには等価交換と云う。俺はこの『ありえない』灼熱pt.2の突然のハードクリアと引き換えに、一体何を失ったのか?身体の震えが止まらない。事実を報告するためにツイッターに文字を入力する指の震えが止まらない。まともな文字を入力できない。

 

残ったPフリーの11分は、当然まともにプレー続行できるはずもなく、穴冥を選ぶのに開幕の譜面を全く見ておらず、気づいたら絶対に捨てているはずのメイン1サブ5サブサブ2の変な譜面の加速地帯を叩いており、何も押せずに死んだ。脳の譜面認識機能がバグっており、Rampageの初見エクハすら簡単に落ちてしまった。

 

一旦車に戻り、2時間ほど睡眠をとったあとは精神が落ち着き、つい先程成し遂げてしまった奇跡を受け入れるだけの心の準備は整っていた。

 その間に見た夢の中では、ゲームセンターでPF30分を選択した直後に筐体の鍵盤がセガサターンのコントローラーみたいな変なボタンしかないことに気づき、放置している間にゲームセンターの中にバスが入ってきて、それに乗ったら異界の地に連れていかれるという悪夢を見てうなされていた。

 

 

 

 

倒したんだな。アレを…

 

 

未難5→4。

 

 

 

ふと視線を落とすと、左手首は暖かな橙色の、仄かで優しい光を纏っていた。

 

 

 

 

 

『Trust your own wrist.』 

 

誰かが遺した格言と思われる一文が書き記された紙の切れ端が、足元に落ちていた。

 まさに今日の出来事を示しているかのような格言だ。

今日から座右の銘にするとするか。

 

 

 

 

 

もう二度と裏切らないぜ。俺は、お前を――――――――――――――

 

 

 

 

 

 

☆★☆ 

 

 

 

 

 

左手首が光っていたのは嘘松で、Trust your own wrist.と書かれた紙切れが落ちていたのも嘘松です。でも灼熱pt.2をハードしたことは本当松です。このまま本当松であってくれ。

 

次こそは、穴冥――――――――――――

 

 

 

 

 

 

 

THE END.