メュ!

メュ。

mex_yupi's coming out 2

俺は……………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔、好きな女の子の「靴の匂い」を嗅いだ。

 

 

 

高校時代。

土曜日の部活練習を終え、校舎内に残っていたのは部長だった俺と顧問の先生、そして当時俺が好きだった女の子の3人だけ。

そして最後に校舎を出る部活は、学内の戸締まり全てを確認する決まりであった。

 

その子には1年前に既に告白してフラれていたが、未練たらしい俺は自分の気持ちに諦めがつけられないまま日陰で燻っていた。

 

戸締まりを始める前、部室でその子がケータイを弄っているとき…

無防備に体育座りをしてしまった彼女は知ってか知らずか、俺の目前に絶対なる不可侵の聖域――黒パンティ――を晒すことになった。

 

 

そしたら……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちんちんが大きくなった。

 

トランクスに染みた我慢汁が冷たい。

悶々としたまま、手分けして学内の戸締まりを始めた。

 

うちの高校は建物こそ古かったが、中は結構複雑で広かった。1階から3階まで見回り歩いても誰にも遭遇しない。新鮮な体験であった。

 

 

見回り終盤。

1階、下駄箱前。

 

 

突如脳のシナプスが完全接続され、「啓く」。

 

 

彼女はまだ学内にいる。

帰っていない。

目の前の鉄箱の扉を開けば、彼女の履いてきた靴がある。

 

 

いつ会ってもいい匂いのする彼女。

そんな彼女であっても、散々外を歩いてきたはずの足の裏までいい匂いするか?

 

 

もし、納豆みたいな匂いがしたら…………

 

 

 

 

 

 

神の啓示か、悪魔の甘言か。

それまで冷たかった我慢汁が、打って変わって灼熱を帯びる。

 

 

 

 

 

誰も、見て、いない。

 

 

彼女や顧問にたまたま見つかったら?

 

退学?人生終わる?

 

そもそもこの学校、監視カメラついてるのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“ ど う で も い い ”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      ENIGMA”が、

 

 

「其処」に、

 

 

 

        在

 

 

                 る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラッッ!!!!

 

 

サッ

 

 

 

 

 

スゥゥゥウウウウウウウゥゥゥウウウゥゥゥゥウツウウウウウウウウッッッッ!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

「それ」は………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滅茶苦茶、フローラルな香りがした。

その夜、滅茶苦茶黄色い精子出した。

 

―fine―